• English
  • Korean

豊かな人生へのヒント

2016年 メッセージ

Vol.1毎日、生まれたばかり

誠に今日は良い日を下さったことをまず親神様に感謝申し上げます。
 いつもこうして、お話をする前に、今日という日に感謝をする、神様に感謝をする、というところから始めます。これがとても大切であります。皆さんが何かをするとき、例えば朝起きて、まず感謝から始まるわけですね。 
 人間は皆、夜、天国に帰って、そして朝、また天国からこの世に送り出されます。そうすると、みなさん幾つですか? 生まれたばかりですから、0才の方も1才の方も、3才心の方もいると思います。生まれたばかりの方々、生まれて始まったばかりの方々。そういうふうに、いつも新しく新しく感謝をして、新しくしていただくことが大切ですね。

目次に戻る

Vol.2魂は銘々

人間がいろいろなことに囚われて苦しむというのは、隣は良いわね、あの人はいいわね、私は不幸ねと、比べるからいけないわけです。隣には隣の幸せもあれば、悲しみもあります。同じ親子でも、兄弟でも、銘銘、魂は違います。だから、考え方も違うのです。
 みんな同じ考え方をしてくれると思うのも高慢ですね。夫婦も同じです。夫は絶対私と同じ考えだわ、と思うのも高慢。妻も私と絶対同じ考えだ、というのも高慢ですね。驕ってはいけません。驕るから喧嘩するわけです。相手が理解してくれない、理解されないと「あなたは変わったね」と喧嘩するわけです。銘銘、魂は違うのです。

目次に戻る

Vol.3愛情という力

人は愛すればこそ背中を合わせることもあるでしょう。愛すればこそ喧嘩をすることもあるでしょう。この、愛し合うということがお互いにあるからこそ、磨き合うことができるのです。人が腹を立てたり、カッとしたりするのは、愛情があるからです。もう会うものかと思ったら会わなくてすむのに、また会いたくなるのは、やっぱり愛情があるわけです。その愛情というのは、神様が磨き合うために与えてくれた素晴らしい力です。
 兄弟でも親子でも銘銘、魂が違うけれども、愛情という絆によって、磨き合うわけですね。友達同士でもそうです。もう会いたくない、嫌だわこの人は、と言いながら離れているとまた会いたくなってくる。そうやって、愛情によって、お互いが磨かれる。そう考えると、愛情というのは素晴らしい力ですね。

目次に戻る

Vol.4お祈り

悪しきを祓って下さい。悪しきを祓えば顕れて来るのはすべて神の姿ですよ。ありがたき哉、よしよし、といって通るのです。すべては光なり。南無光明生命実相。でも南無光明生命実相ではなかなか難しくて分からない方もいるから、一番分かりやすいのが、有り難う!ですね。子供さんに向かって目をつぶって有り難う!有り難う!有り難う! 目を開けて見たら、まだなのと思う事があるかもしれない。その時には、目をつぶって、有り難う!有り難う! また目を開けて、まだなのか、有り難う!有り難う! 何度も何度も、諦めずに信じ続ける事。そうすると開きますよ。

目次に戻る

Vol.5天の宝

皆さんは運命を変える事が出来るのです。教えに出会った時から、運命は変わっていくのです。神が顕れたのは、皆さんの運命を変える為です。良い方に導く為です。努力をしなさい。神の子なのですよ。神が自由を与えてくれたのは人間一人一人、すべて人形では無いからです。それぞれが大切な方々です。天の宝ですよ。一人一人が天の宝である事を見失わないように。勇気と自信と信念を持って、神の子として、天の宝として生きなさい。品格と品位を持った、天の宝としての生き方を一人一人が行ってくださる事を心から願っております。

目次に戻る

Vol.6一人一人が神の子

言われたからではなくて、意志を持って、志を持って成す事。これが真の天の啓であるという事を忘れてはいけません。何故ならば、それぞれに心があり生命があるという事は、神の人形では無いという事です。神が何故一人一人に心を与えているかというと、意志を持って行いなさい、という親心なのです。もし皆さんが、神様に決められた運命なのよ、宿命なのよ、と言うのであったら、皆同じ考え方、同じ顔、それこそ動かされているところが一つになる訳です。めいめい考え方も思い方も違うという事は、皆さんは決して神の人形ではなく、神の子なのです。それを忘れてはいけません。

目次に戻る

Vol.7幸せの自覚

幸せに成りたい人は、私は今幸せだと思うこと。結構に成りたい人は、今自分は結構だわと思うこと。いつか幸せに成るかしら、いつかいつかというから、五日先になって十日先になっていく訳ですね。私は今健康、私は今幸せ、という事を意識すること、自覚によって顕れて来るのです。

目次に戻る

Vol.8素直におなり

様々な事、悩み、問題、でも、よくよく考えて見ると、たいしたことで無い事を悩んでいる事が実は多いのです。悩みというのは、素直になったら消える事が多いのです。悩みというのはどこかにプライドがあったり、どこかに負けん気があったり、どこかで意地を張っていたりするわけです。
だから神様はよく仰るでしょう。素直におなり。素直になることによって、道は開くのです。この世界は神の体ですよ。神様の世界に皆さんが生かされているのです。その事をまず自覚しましょう。そして、顕れて来る事は神の愛なりという事を自覚しましょう。

目次に戻る

Vol.9顕われて来る事

神様は、顕れて来る事にお礼を言いなさいと仰います。何故でしょうか? 人は自分に好都合な事だけお礼を言います。例えば思いがけず宝くじでも当たったら、あー有り難う。やっぱり天命庵に行っていたお蔭ね、神さんのお蔭だわ。まぁ自分に好都合な事だけは本当に喜ぶのですね。でも、もしかしたらこの宝くじが当たったお蔭で仕事をしなくなったり、将来に問題が起きるかもしれない。 
さて、考え方を変えましょう。ちょっとした病気を得ました。今まで神様とか教えなんて全く関心のなかった方が、病を通じて、あーやっぱり心の教えなんだと気が付いて、その先の十年、二十年後、心の教えによって家族が幸せに成り、家が豊かになる、という事もあります。だから自分にとって不都合な事でも、神様から見たら今与えなければいけない「幸福」かもしれません。それをしっかり意識をして、自覚をして、顕れて来る事を喜ぶこと、それを戴くことです。

目次に戻る

Vol.10幸せの種

幸せというのは自覚する事によって顕れて来るのですよ。御利益祈祷では有りません。御利益祈祷というのは手品みたいで、一時飴玉をポーンとあげて、あー甘いなぁ。でもこの飴玉は十年二十年も口の中にありませんでしょう。これがご利益みたいなものです。
真の自覚で得る幸福というのは、種を渡す。これを育てるのです。この一粒万倍の種から、もう畑一杯の幸せが顕れる。これは生涯刈り取りながら、生涯豊かになる道です。自覚とは種です。この種を蒔く、それを育てる。この種を育てる肥やしというのが信じるということ。

目次に戻る

Vol.11殻を破ろう

今はでくの坊でも、教えによって、余分な所をコーンコーンと神様が削ってくれているのです。そっ啄同時(そったくどうじ)という言葉がありますね。卵があって親鳥とひな鳥が一緒に嘴(くちばし)を合わせて殻を破るのです。
今は親鳥、神様がなんとか皆さんの殻を破ろうと思って、一生懸命、外側から殻を破ろう、子供を出そうと思っています。皆さんは自覚をしていない。自覚というのは中から嘴で割る姿です。私は神の子なり、私は病ではない、私は幸福なりと思うと、神様はそうだよ!病ではない、幸福だよ、といって殻を破ろうとしてくれている。互いに合った時にパンと卵が割れるわけです。そして可愛いひよこがピッピッピッと出るわけです。
そうやって神様が手を伸ばしてくれるから、皆さんも心の手を伸ばした時に本当の事が顕れて来る。本当の実相が顕れて来るのです。それをしっかりと意識をして、心根を磨いて下さい。皆さんは必ず幸せになる、いえ、もう幸せになっている方です。私は幸せなりという事を心の内に自覚をして下さい。そうする事によって道はとても大きく変わる事が出来るわけです。

目次に戻る

先頭に戻る

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

COPYRIGHT(C) DAITOKUJI.com All Rights Reserved.