• English
  • Korean

豊かな人生へのヒント

2018年 メッセージ

Vol.1拝み合うこと

神様は、こう仰っています。
「東西南北拝み合うのやで、愛し合うのやで、信じ合うのやで。そうしたら、本当に素晴らしい道が開くのやで」と。
 そうすると、相手の良い所も悪い所も見えてくる。自分にとって、相手の方が、どういう役割かが見えてくる。「今はちょっと距離を置いた方が良いかな」と見えてくる。情でぶら下がると辛いことになります。心で、愛情で相手を見たら、「この人は、私がいたら駄目になるから離れた方が良い」ということが分かってくる。「この方は今言ってあげることが必要だ」ということも分かってくる。いろんなことが見えてくる訳です。だからこそ拝み合うことであります。

目次に戻る

Vol.2心で抱きしめる

世の中には、様々なこと、思いがけないことがあるでしょう。でも、それはすべて神の愛です。それをすべて受け入れて、微笑むこと。「この人は自分に逆らうから嫌い!」という人があっても、それも意味があってのこと。その方は逆らうように現れてくれている。逆らっているのではなく、教えて下さっているのです。
 さあ、目を瞑(つむ)って、心の中に、苦手な人を思い描いてみましょう。そして、その方を「仲良くしましょうね」と言って、抱きしめてあげましょう。そうやって、心で抱きしめる。そうすると、嫌なことが、どんどん消えていくのですよ。

目次に戻る

Vol.3真の誠

人に言われて「はいはい」と言って行うのは正直者。こうして教えを聞いていても、「良い話だと分かってはいるけどできません」というのは怠け者です。真の誠というのは、「いつも人のために何かしたい、神様の道具として使っていただきたい、世の中のために何か気づかせて下さい」という心で生きている者のこと。そういう心で生きていると、いつの間にか色々なことが現れてくる。真の誠が現れてくる。そういう真の誠に皆さんがなることが、教えを学ぶということですね。人に言われる前に気が付いて物を成すこと、そのことが天に結ばれる訳であります。

目次に戻る

Vol.4魂を育てる

皆さんは、色々と美味しいものや、栄養のあるものをたくさん食べていると思います。でも、そういう美味しいものや栄養のあるもの、食べ物では、魂を育てることはできません。魂を育てるのは、教えを学ぶこと。教えが魂を育てるんです。人が喜ぶことをしたい、人が喜ぶ顔が見たいと思うと魂が育っていくんですね。魂を育てることが大切です。
 皆さんが、考えることができたり、生きることができるのは、脳が働いてるからではありません。魂が働いている、生命が働いているからです。だからこそ、魂を育てることが大切なんですね。

目次に戻る

Vol.5自由になること

自由になること。これがとても大切です。教えを聞いていると心が自由になるんですね。嫌なことが消える、囚われが無くなる、こだわりが消える。教えを聞いて、こだわりがドンドン無くなることが大切です。
 自由になると、とっても笑顔が出てきます。能力が開いてきます。私はこれしかない、これしか出来ないと思っている人は握っているんです。縛られているんですね。
 囚われてはいけない、こだわってはいけません。教えを聞いたら明るくなるんです。天は皆さんを明るくする為に、教えを与えてくださったのです。

目次に戻る

Vol.6光明皇后の話

光明皇后という方の話がありますね。昔、奈良の地に病んでいる方が集って来て、光明皇后は、らい病の患者さんの身体を、何人も何人も洗って差し上げました。光明皇后は常にそのらい病の患者さんを拝んで、「これも大切な方々だ」と、一所懸命、何人も何人もお助けしたそうです。最後にそのらい病の患者さんの身を清めていたら、何と、その方のお姿が観世音菩薩に変わったという話がありますね。これは本当の話なんです。
光明皇后の心が、らい病患者を沢山治療させていただき、清めさせていただいて、ある時気が付いたんです。ああ、今まで沢山の方のお世話をさせていただいたけれど、そうやない、自分が助けていただいたんだ。みんな観音さんやったんやなあ、と気がついて、目に一杯涙をこぼして心から感謝ができたんですね。その時、光明皇后の心は、聖観世音菩薩の心となることができたわけです。

目次に戻る

Vol.7戦争

この世界で、地獄より重いものはなんでしょうか? 戦争です。夫婦喧嘩、兄弟喧嘩、様々に争い合うこと、まさに戦争です。
戦争とは、皆さんのとってもとっても愛する人が、帰ってこないことです。「お母さん待っていてね」と手を振って出ていった子どもが帰ってこないのが戦争です。愛するご主人が「いってくるよ」と言って帰ってこないのが戦争です。優しい年老いたお母さんが、杖をつきながら「ちょっと散歩にいってくるよ」と言ったお母さんが、帰ってこないのが戦争です。
戦争は与えてくれません。家を奪い、財産を奪い、大切なものを全部奪っていきます。だから皆さんも、戦争をしないで下さい。与え合って下さい。話し合って下さい。
お宝だとか、目先の欲で競い合い、争い合い、奪い合っていませんか? 自分だけが良くなりたいとか、自分だけが幸せになれば良いと思うことも戦争と同じです。人の幸せを念じること、人の幸せを心から念じ、家族の幸せを念ずることが大切です。

目次に戻る

先頭に戻る

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

COPYRIGHT(C) DAITOKUJI.com All Rights Reserved.